忍者ブログ

自己破産でも借りられる金融名古屋

キャッシングブラックの融資の審査無料紹介所なら借りれる街金を紹介してくれるかもしれません。

奨学金の大変さ

大学を卒業するまでは、「お金」についての苦労をそれほど感じたことがありませんでした。

しかし、卒業してから無事に就職し、「奨学金」を毎月支払って生活していくのは、実家暮らしでも中々厳しいものがありました。

毎月1万5千円。

総額約240万。

新卒のお給料も、地方の事務職では14万程度でしたから、家に4万収め、そこから携帯代や服代、化粧品代、交際費、毎日のお昼代…など出していくと、貯金は毎月3、4万円できると良いほうでした。

大学時代に、教授から「この授業は90分。授業料はこの1講座、大体五千円かかっていると思っていいよ。寝てたらもったいないよ。しっかり勉強するんだよ。」と言われたことがあるのですが、その意味を卒業してから一層重くかみ締めることになりました。

学ぶのは無料ではない。

勉強を何気なくするのはもったいない。

今もそう強く思います。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R